40年目の真実

妖怪人間ベム
とうとう終わっちゃったな。

あの最終回、実は結構感動しちゃったんだ。

子供の頃見ていた妖怪人間ベムの最後がどうなったのか
じつは全然覚えていなくて
一体、最後はどうなるんだろうって、気になって仕方なかった。

なんせ子供の頃は、
「 早く人間になりた~~い! 」
と言って、4本の指を空に掲げるシーンばかりが頭に残っていて(笑)
いつも真似してるばかりだったから^^;

人間になるはずだった細胞が
偶然の出来事によって、善だけの存在と悪だけの存在に分かれて生まれてしまう。

善の心だけを持ち合わせたベムベラベロは
どうしても人間を助けずにはいられない。

悪である存在を自分の中に取り込まなければ、人間にはなれない。
それを知った時、
たとえ人間になれなくても善の心を持ち続け、悪から人間を守ろうと決心するベム達。

なんという気高い心なの~!

感動しちゃったよ。

ベムベラベロのおかげで、
逆に人間の本質まで考えさせられるという高尚なお話だったんですね。

いや~、おもしろかった^。^

40年(?)目にして、初めて知る「 妖怪人間ベム 」の真実なのでありました。


e0015964_21494311.jpg


こちら「 妖怪わんわんウメ 」
[PR]

by norikurorin | 2011-12-26 21:51 | 映画・本・テレビ番組 | Comments(0)

おいしそうなドラマ

近頃、とんとテレビドラマを見なくなっていた私ですが、
最近、出てくるお料理シーンに、思わず釘づけになるドラマを発見。

NHKの「天使のわけまえ」というやつ。

結婚を間近に、お金ごと男に逃げられてしまった女性の話なんだけど
その主人公の作るお料理の数々に、
周りにいる人達がみななんとなく幸せな気持ちになっていくんだなぁ。

ドラマの食事シーンって、たまにはあるけれど
ここまで丁寧にお料理を作るシーンを写し出すドラマも珍しいんじゃないだろうか。

私なんて、おもわずテレビの前に正座して
のどを鳴らして食い入るように見入ってしまっております(笑)

もち米を蒸かして、小豆を煮るシーン。
昆布を染ませた味噌と鰹節をたっぷり乗せたお粥。
警備の仕事仲間に作ってあげる、お弁当。
太巻き寿司。
前回は、かぼちゃの蒸しパンとか、ドーナツなんかも出てきたし。

このドラマのおかげで
わたしゃ~、今日、久しぶりにおはぎなんか作ってしまいました~^^

もち米が炊けるいい香り、そして小豆をコトコト煮る幸せ。

なんだか久しぶりな気持ちだったなぁ。

ってわけで、どど~ん!

e0015964_22374985.jpg


e0015964_22383775.jpg


ご馳走様でした!

おいしいご飯は、やっぱり人を幸せにするね。


おこぼれをもらって満足し、心地よい眠りにつくうめたん、特別出演。

e0015964_22404425.jpg

[PR]

by norikurorin | 2010-07-17 22:42 | 映画・本・テレビ番組 | Comments(4)

一気にドラマ3本見た

今夜の私、ドラマにハマる!

夜7時半からは、最近始まったNHKの時代劇 「オトコマエ!」

これ、一回目の時、たまたま見たんだけど
30分という短い時間だけにテンポもよくて
しかも、題名どおりオトコマエな役者ばかりでていて、かなり気に入ってしまった~!

主役のオトコマエは、福士誠治扮する藤堂逸馬。
彼は、江戸、北町奉行・遠山の金さんのお気に入り新米与力。
そしてその親友、斎藤工演ずる評定所の吟味物調査役・武田新三郎。
もちろん、オトコマエです(笑)

まぁ、そのオトコマエな若者たちも気に入ったのだけど
遠山の金さんは柴田恭平なんだから~!
恭平ちゃんの桜吹雪が見てみたいな~。
そして、そのライバル、南町奉行・鳥居耀蔵は片岡鶴太郎。
金さんをよく思わない、いやらしい役を、なんとも絶妙に演じていてサスガって感じ。

頼りないながらも、「お前ら、絶対許せねぇ!」とのたまって、
真っ直ぐに立ち向かっていく若者の姿が
見ていてとってもスカッとすること受けあいですぞ~!


         ( 休憩は、スカッとしてないクロ・・・^^:)
e0015964_2255181.jpg



     
さて、オトコマエが終わって、次に見たのものは・・。

なぜだか 「ROOKIES」 そして 「ごくせん」
どちらも、不良の出てくる学園物ですね。
たはは(^^;)
私って意外におこちゃまなんです~。

でも、どちらのドラマにも共通しているのは
相手を信じる、という行為の持つ、力の大きさ、大切さってことかな、と。
先生と生徒、という立場でなくても
人と人との間には、この「信じる」ということが、いかに大切なのかということを
思い出させてもらったような。
「ROOKIES」の佐藤隆太演じる先生も、
「ごくせん」の仲間由紀恵のヤンクミ先生(^^;)も、スカッとするよ~!
特に、ヤンクミがチンピラどもを軽々とやっつけちゃうのを見てると
ちょっと水戸黄門的な正義の味方を思い出したりして(笑)

私も、あんなふうに強くなりた~い^0^
今度ジムで、極真空手とかボディコンバットとかテコンドーとか習おうっかな~(笑)

というわけで、土曜の夜は
スカッとするドラマ三昧で更けていったのでありました^^
[PR]

by norikurorin | 2008-04-26 22:58 | 映画・本・テレビ番組 | Comments(2)

体によい番組

今、久々にハマっています。

何にかというと、
娘が小さい時に見ていた 「フルハウス」というコメディドラマ♪
春休み中の娘が、レンタルやさんからDVDドサッと借りてきました。

妻を亡くしたお父さんが、幼い娘3人を、親友と義弟と一緒に
悪戦苦闘しながら育てるお話なんですけど
これがもう、最高に楽しくてあったかくて、大好きなんだなぁ~♪

もし、疲れていて元気がない、なんていう人には絶対にお勧め^^
 
気付くと、笑っています。
時には大声で笑ってます(^^;)
セリフがまたウィットに富んでいて!

思い切り笑うって、なんて気持ちがいいのだろう~!


ん、ウィットで思い出した!
最後はちょっと笑える一枚を。

e0015964_14303528.jpg


これ見たとき、何これ~、と思いました(笑)

これは先日海に行った時に見た
ウェットスーツなどを売っているお店のディスプレーでした~^0^
やるな~!と思いました!むふ♪
[PR]

by norikurorin | 2007-03-07 23:27 | お気に入り | Comments(14)

ほぼ標準・・

さっきまで、結構真剣にテレビ見てしまいました。
というか、やってしまいました。

テスト・ザ・ネイション2007(↓これは新聞の広告ですが)
e0015964_21554932.jpg

人間関係力テスト!

写真に写っている人の関係とか、
子供が描いた絵を見て、何を描いたのか、とか
外国人の話を身振り手振りだけで当てる、とか。

難しかったのが
「愛想笑いと本当の笑い」の違いを見分けること。
頭では、目が笑っていないと愛想笑いかな、と思うんだけど
実際に見ると、わからないんだなぁ~、これ。

それと、物の価値。
焼き物とか、線香花火(いろいろあるのね~、知らなかった)とか
見分けがつかず、結構ショック(^^;)
まだまだ、修行が足りないと痛感~。
素晴らしいものや、きれいなもの、たくさん見なくちゃだなぁ・・。

おもしろかったのは、外国語がわからなくても
話している様子をみると、なんとなく言っていることがわかる、ということ。
ボディランゲージって、ほんとにあるんだなぁ。

で、私の人間関係指数は、ほぼ平均の 99 でした~。
もちょっといいかな、と思っていたのだけど、まだまだでしたわ(^^;)

うん、でも、たまにこういうのおもしろかった!
小さい頃から、クイズ番組は結構好きだったからなぁ。
クイズタイムショックとか、連想ゲームとか(笑)
かなり古いですなぁ・・(^^;)

さて、全く関係ないけれど
今日のお昼ご飯は
気に入っている中華やさん「無邪気」というところの、豚細切り焼きそば~♪
e0015964_22124234.jpg

麺の両面がカリッと焼いてあって、おいしいでっす^^
ここは、坦々麺(特に黒胡麻坦々麺)もおいしい~~^0^

焼きそばを食べて、テレビを見て、なんて平凡な休日なのでしょう・・(笑)
[PR]

by norikurorin | 2007-02-12 22:19 | 映画・本・テレビ番組 | Comments(10)

夢を乗せて走る

この年末年始は
立て続けに、世界の鉄道の旅もの、のテレビを見た。

wowwowのレールウェイ・ストーリー
NHKの青海チベット鉄道
BSの 関口知宏のヨーロッパ鉄道の旅

ロッキー山脈を横断する鉄道や、
10時間も同じ景色が続くオーストラリアの鉄道
そして、世界最高の海抜を走る青海鉄道
緑の山を走るスイスの鉄道

その圧倒的な景色に、ただただため息。

この小さな青い星に
よくぞ、これだけ多様な景色と人々の暮らしを、与えてくれたものだと
この世界を作ってくれた力に感謝したいくらい^^

いつかあの鉄道の中にいる、自分の姿を思うだけで
目の前がパァ~っと開ける感じがする。

その日まで、また今年も頑張るぞ~^0^

しかし・・・

ここでナゾナゾです。
              ↓これは何でしょう?

e0015964_21302161.jpg


こ、これは、近所のコープマートでの新春の抽選の結果(^^;)

e0015964_21323329.jpg


抽選券、9枚もあったのに全滅しました~(涙)
参加賞のティッシュの山。

今年、くじ運無し、決定しました。

世界の鉄道の旅の夢は、まだまだ遠い・・・。
[PR]

by norikurorin | 2007-01-03 21:37 | 映画・本・テレビ番組 | Comments(12)

あの時も今も・・

今、テレビ「僕たちの戦争」見終わったところ。

e0015964_2336873.jpg現代の若者がタイムスリップして、
61年前の特攻隊員と入れ替わってしまい
人間魚雷「回転」の乗組員となるお話。

タイムスリップで戦時中、
という設定は時々あるけれど
まさに現代に生きる若者そのものが、ひとりで
というところが、かなりリアルな感じ。

もし、自分が突然そんなところに行ってしまったとしたら、どうする?

気がおかしくなりそうになりながらも、
必死でその状況に対応して
生きていけるかな。
無理かも。
だって、そこにあるのは、ただひとつ。
死だから。

e0015964_23382578.jpg
あの時代も、今も
確かに時間はつながっていているのだよね。

またしても、
同じことが起きぬよう。
豊かなようで
危なっかしい日本。
心して生きなければ。





それにしても、主役を演じた森山未来くん、なかなかやりますね~。
61年前の若者と現代の若者。
いい味出しておった~。



君、食べ物?おいしい?
e0015964_23545179.jpg

私は、こんなことしていていいのかな・・へへ♪心して生きなきゃ(^^;)


(写真:阿武隈山系の山の遊歩道にて・・紅葉とスイレン)
[PR]

by norikurorin | 2006-09-18 00:02 | 映画・本・テレビ番組 | Comments(16)

笑いの原点は不変?

今日の夕方、
ものすご~く久しぶりに「笑点」を見てしまった。

面白がって見ていた記憶は、遥か昔。

今はちょうど夕飯の支度の時間ということもあって
ちゃんと見たのは本当に久しぶり。

毎週1回、新聞にテレビ視聴率ランキング20、というのが載っていて
「笑点」はいつも必ずランクイン。
時には、第一位ということもある。
確かに面白かったとは思うけど、そんなんだったかなぁ、と正直思っていました。

そして今日、なんだか、「笑点」の笑いを見て、ホッとしました。

全然どぎつくないんですね。
なんだか、懐かしい、ほわ~っとした、ワンテンポ遅れてやってくる
むふふ~、という笑い。

今はお笑いの全盛で、毎日のようにたくさんの番組がやっていて
面白いもの、好きなもの、あるんだけれど
ずっと見てると、もういいやって。(歳のせい・・ですかね)
刺激がありすぎる?

笑点にあるのは、短い言葉と「間」のおもしろさ?

笑点の魅力、ここにあり。という気がしました。
(山田さんが、まだ座布団運んでいた!!笑)

さて、今日は、秋の気配漂う吾妻スカイラインに行ってきました。
しばし、秋の気配など・・。

霧に消えていく不動沢橋。
e0015964_21311056.jpg

山の上へ。
e0015964_21315591.jpg

出迎えてくれたのは、リンドウと秋のきりん草。
e0015964_21321352.jpg

クマさんも登山者カード記入ください^0^。
e0015964_2133523.jpg

e0015964_21335961.jpg

e0015964_21341888.jpg

夏から秋へ。
e0015964_21343510.jpg


残暑厳しい下界を、しばし忘れたひとときでした♪

下界では、留守番係が
「あたしを置いて、みんなどこ行っちゃったのよ~」
e0015964_214629100.jpg

[PR]

by norikurorin | 2006-08-20 21:48 | 今日の出来事 | Comments(11)