すべてには終わりが、そして世界は続く

9月に、義父が亡くなった。
脳出血で倒れてから13年。
右半身麻痺となって、車いすの生活を余儀なくされていた義父
49日も過ぎ、今やっと、自由に天国を歩きまわっていることだろう。

家での6年間の介護を含め、この13年間は
私の意識の中から片時も離れることのなかった義父。

この13年のことを、言葉にするには
あまりにも難しいのだけれど
本当にいろいろなことを考え、悩み、乗り越え、傷つき、後悔し
でも、やれるだけの事はやったのだ、と、そう思うことにしよう。

お彼岸に亡くなった義父。
友人が、
お彼岸に召されるというのは、寿命をを全うして本当の仏になった、と言われているんだよ
と教えてくれて、なるほど~
そういえば、最後の頃の義父は
本当に仏さまのように穏やかで柔和な顔をしていたな~、と思ったりして。
ちょっと、ほっとしたりして^^

思えば、このブログを始めた頃は、家での介護が本当に大変な時で
亡くなった愛犬クロの存在とともに、
このブログが、自分の心の支えになっていたんだよなぁ、と、しみじみ思ったりして。

まだまだ、片付けなければならないこともあるけれど
少しずつまた、いろいろなことを考えたり感じたりしていこう。

そしてまた、世界は続く。

e0015964_2163444.jpg

[PR]

by norikurorin | 2012-11-10 21:07 | 人生 | Comments(2)

Commented by うえはら at 2012-11-11 21:25 x
のりくろさん こんばんは!
しばらく更新がないなあと思っていたら
いろいろ大変でしたね。
嫁の仕事とはいえ 長い間(13年は長いよね)
お疲れさまでした。
そして当時、クロちゃんはかけがいのない存在だったのでしょうね。
Commented by norikurorin at 2012-11-12 21:37
うえはらさん、こんばんは!
ただでさえまばらな更新だったというのに(笑)
更に2ヶ月も経ってしまいました^^;
49日も終わり、やっと少しずつ心のゆとりが出てきたような気がします。
13年は長かったなぁ~
クロには随分助けられました。
それにブログでのうはらさんとのおしゃべりで
ストレス解消させていただいてました^^
ありがとうございました❤
クロ、今頃、天国でおじいちゃんと散歩してるかもなぁ(笑)